小紋の魅力は楽しさと夢

小紋はカジュアルな日常着からお洒落な場所へのきちんと着こなせるもの、食事会やお買い物などの自分を演出できる柄を選べるなどの幅広い着物ですが、今の時代に一番合っているような気がします。着物=敷居が高い意識を小紋は着物=楽しい、そんな変革値を持っていると私は思います。もちろんその幅広さ故の選び方の難しさも出て来るかとは思いますが。何より楽しい。着ていて、楽しいです。私は母から譲り受けた小紋を2着持っていますが、以前着付けの先生に無地の紋入り訪問着を中古で買ったことがあります。確かに入園式や結婚式、紋付の無地の訪問着はどこへ着て行っても正装なので重宝はしているのですが、なんだか着ていて楽しくない。それが後者を着た途端、細かい絵柄や色柄の心が躍ります。柄行きや配色、染めの技法によっても着ていく場所は選ばなくてはいけない着物ですが見ている人も楽しませ、何より自分も楽しい、まさに着物の夢だと思います。日本中で色々な絵柄をお見かけできたら日本人として誇らしいものです。


小紋の美しさとしきたり

小紋は正式な訪問着ではないそうで、結婚式などや正式な場では、着る事ができないそうですが、そのうち、そのようなこともなくなってくるのではないかと思います。その形もただ柄の位置が違うというだけのようで、それで和服の美しさが変わるものでもないでしょうし、今のように普段着として使われないようになってきた和服では、しきたりよりもその美しさの方で、人気を上げていかないといけないようにも思います。今では昔の普段着の小紋の位置に洋服があり、訪問着の位置に小紋があるような感じもします。一般人からすると着物自体が正式な礼装ではないかと思います。しかし、その違いによって値段が違うということは、着物を着てもらうという考え方からすると、日本では、どのような着物でも着てもらえるように頑張ってもらわないといけないという感じもします。


小紋の使用の仕方と歴史

小紋は、和服の種類のひとつですが、正式な訪問着ではなく、普段着に近い着物の種類になるようです。最近は日本人でも普段着は洋服になり、着物の着方も教えてもらわないと着ることができないようになりました。男性もそうですが、女性は特に着付けの専門家に着付けをしてもらわないと、着ることができないとか、着付け教室で資格をとることもあるというように、昔は誰でも着ることができたのが、今では資格まで必要になってしまうほどになりました。昔の人が聞いたら驚くでしょう。時代の変化は、そのようになっているようですが、それは何処の国も同じようです。以前韓国の男性用の礼服を着た時にも同じで、とても一度では覚えられない感じでした。日本の和服はとても美しく、世界的にも有名で、富士山や京都などとともに舞妓さんも姿が和服を象徴しています。小紋もその象徴のひとつではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*