小紋で連想するものは何だろう

私、若い頃にデパートで働いていました。紳士服売場で働いていたので、「小紋」というとすぐネクタイの柄の種類の一つと思っていました。ちなみに、他は例えば「レジメンタル」とか「チェック」とかですね。だから、欧風のクレスト(家紋)を連想していたのです。その後、婦人服売場に移動になり、たまたま呉服も担当することになり、初めてそれが、和の伝統柄のひとつであり、染めの技法にも関係するものなのだと知ったわけです。その後、長い年月を経て、現在は和雑貨の店を営んでおります。もう、小紋だらけです。今、連想するのは、日本手拭いですね。手拭いの柄には、伝統の柄から現代的な模様の柄、また道具や動物など様々な柄が用いられて、楽しさは無限大です。これからの季節、手拭いで小紋柄をいろいろ楽しんで使ってみるのも素敵だと思います。


小紋が人気を呼んでいる理由とは

カジュアルな着物として人気がある小紋は、年配者が日常生活で使う着物として定着しています。かつて女性が外出する時の服装はたいてい着物でした。今は洋服が主体になったので、洋装の外出着が多いですが、昔の人ほど着物で外出するのが一般的なのです。近頃は若い人の間でも着物ブームが起こっており、着付けに関するサイトなども増えてきたので、ある意味着物文化が見直されているのでしょう。結婚式などで着るごつい着物よりもカジュアルな模様などがついていて、かわいらしい印象もある小紋は、生活の中で着るのにちょうどいい感じに仕上がっています。東京でもよく道を歩いている貴婦人が、清楚な感じの着物を着ているのに気づくでしょう。これらはよく考えられた衣服でもあり、女性の美を最大限に引き出すための秘訣があるのです。生活の中で着られる点が、今の着物の人気の理由なのでしょう。


持っていて活躍する小紋

着物の中でも小紋を持っていると活躍する機会が多くとても便利に着ることができます。それはどうしてかというと、着物の中でも小柄が上下に入っていて普段着として着ることができるにでカジュアルからドレスアップしたいときにも楽しむことができます。遠くからみて無地に近い生地に見えても、近くになると小柄がたくさんあるものや、細かなシンプルな柄があるものなど、いろいろなものと合わせやすいというメリットもあります。TPOに合わせておしゃれな着物として、一枚持っていると重宝するかと思いますよ。それに合わせて帯や小物などでアレンジしていくと着物を楽しむことができますよ。着物を持っていない方で購入しようと思われている方や着付けなど初めてみようと思っておられるかたにはぜひ一枚目をこの小紋を購入することをおすすめしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*