江戸小紋その魅力とは

江戸小紋は正式な場で着用することを許された模様です。それは発祥の歴史からも分ります。武士の時代、将軍や大名の殿様に拝謁する時着用された裃の柄が小紋なのです。博物館でも見ることができますが、面白いことに模様の大きさが6段階に分かれているそうです。殿様に近い所に座れる位の高い方から低い順に模様の大きさが大きくなります。位や石高の高い大大名はとても細かい柄でした。代表的なのは鮫柄です。徳川氏が使用していた模様で、他の大名にもその家だけが使える模様がありました。ゆえに他とは格式が違うのです。反面江戸の庶民の遊び心から作られた「いわれ小紋」というのもありました。いわゆるお洒落着ですね。肝心な型紙はどこで作られていたかというと、江戸ではなく伊勢だったそうで伊勢型紙といわれていました。小刀で小さい模様の粒を一つずつ丁寧に開けて行く作業は本当に気の遠くなるような作業です。伝統工芸の技術を受け継ぐ後継者が不足しているというのは本当に残念なことです。強い主張はないけれど、芯の通った奥ゆかしさのある模様だと思います。


一着は持っておきたい小紋の着物

着物は日本の伝統の服です。日本人の体にしっくりあいます。また、柄もざまざまなものがありシーン別に使い分けて着ることができます。小紋の着物はいろいろな場面で着れるオールマイティーな着物です。着物を着るのであれば一着は持っておくと便利です。最初に買うのであればこの小紋のものを選んでみましょう。着物を着るといいことは姿勢がよくなることです。また、女性は着物が乱れないように歩くのでよりしっとりと美しい動作を身に着けることができます。着物を着たらがに股も自然に治っていきます。着付けがあまりよくわからない人は、無料の着付け講習に参加することもできます。そういうところできんと習うことで、一生ものの着付け法を手に入れるといいです。着物を着たらお茶会にも参加しやすくなるなど、いいことがたくさんあります。着物が着れれば浴衣も簡単に着れるようになります。


カジュアルにもドレスアップにもなるおしゃれな小紋

小紋は着物の柄の種類で、着物全体に同じ模様が繰り返し描かれていて、一方向に柄を繰り返している物です。着物全体に柄が密に描かれている総柄はボリュームがあり華やかで豪華な感じになりますし、細かい柄が遠目では無地に見える江戸小紋と呼ばれるようなものは近づいてよく見ると改めて柄に気づき楽しめるといった遊びも楽しめます。また、柄により沖縄地方独特の模様の紅型、南方系のエキゾチックな更紗、紬に柄染めたもの、絞染め、縞模様も粋なものです。カジュアルなおしゃれ着として様々な洋服や小物に仕立てることもできます。着物として着用する時は行き先に合わせた装いが必要になります。お茶会やちょっと改まった場所への小紋は紋付の訪問着に準じて、ひとつ紋をのもの用い、柄や帯で季節感を表すと素敵です。カジュアルな装いには特に決まりはないので季節感と行き先の目的、用途に合わせて柄を選ぶのも楽しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です