小紋個性的な柄もあります

小紋は柄によっておしゃれを楽しめるのでとてもいいですね。色や柄をいろいろとかえていけばその種類はかなり広がるのではないでしょうか。例えば絞りなどもとても素敵です。全体に絞りがはいっているとおしゃれな感じがするので色をかえて楽しんでもいいですね。また、その他にも異国を思わせるようなエキゾチックな物もあります。和服でありながらどこかちょっと他と違う雰囲気が味わえるので面白いですね。その他にも縞模様の物などもあります。一見するとシンプルな柄ですが、小紋にするとまた他にはない感じがするのでとても個性的に見えるかもしれませんね。縞模様などは普段よく使う模様だと思いますが、和服に使用するだけで今までにない印象を与えるでしょう。いろいろな柄のものにチャレンジして自分にあったものや素敵な柄が見つけられるといいですね。


小紋結婚にあわせて購入

結婚をする際に着ものなども何点か購入しました。普段はほとんど着る事もありませんが、何かの折にやはり持っていた方がいいという事で選んでもらったのを覚えています。もちろんその中には小紋もありますが、落ち着いたキレイなえんじ色のものを買いました。またそれに合わせて帯なども選んでもらいましたが、少し大柄のカジュアルな感じの物と金や銀の糸の入った豪華な物と2点あったと思います。着ものについてはその他にもベージュのものを一点購入していましたのでそれにも合うように帯も選んでもらいました。結婚後、お宮参りや七五三の際などにその小紋を着ました。年齢的にもちょうど着やすくてよかったです。やはり日本人は和装がいいですね。着るのに少し時間もかかりますが、揃えておいてよかったと思います。これからも大切に使っていきたいです。


小紋冠婚葬祭にも使えます

小紋といっても柄によって様々ですが、とても小さい模様を使ったものなどもあります。あまりにも模様が小さいため総柄になっていてもほとんどわからないこともあるのではないでしょうか。模様がたくさんあるにもかかわらず目立たないのでまるで無地の様な印象を与えてしまうものもあるようですね。ただこうしたものは江戸小紋などとも言われており、とても落ち着いた印象になるのではないでしょうか。色あいなどにもよりますが、模様が小さいほどいいとされているようです。また、こうした落ち着いた感じは冠婚葬祭などにも好まれているため一着持っていると重宝するのではないでしょうか。着物を着る機会はそう何度もないと思いますが、子どもがいる場合は卒業式や七五三などそれなりに機会もあるでしょう。節目ごとにこうしたものを上手に着こなせると素敵ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*